顔政治と移民など2

 

 

★ここまでかくとクドイかな?

例のコウモリ票田といってることが似ているから?

この辺は、

クールなんとか、を書いたときと同じかなあ?

まとめ方を工夫するに少し。

 

 

事後的に発生した

それでもいいが、ハナからそれでいいというのは・・

クリスチャン分派なんかにもみられる現象な気がします。

 

景気変動なんかも激しく、

社会制度があるのかどうかは知らないですが、もちろん。

こう書いてみることで、

何かの目安になるなら、どうかと思ったくらいです。

 

 

日常を忘却してアイドルに没頭するのは、まあいってしまえば中世ですよね。

社会全体にいきわたる、それだけの資源がないことを前提にしていて。

先進国なのに中世なのは、資源がありあまっているのに配給に失敗していることにあります。

(教育のところとまあ関連するんだが)

 

宗教系は、どちらかというと移民開拓団みたいのがベースになってるじゃないですかね?

スタートアップはロクでもないことが多いから。

そのわりに文化保守だというのは、現地に同化しないムスリムと同じになってしまうわけでしょう。

ムスリムが同化しないというモノイイが100パーセント表向きのものか、そう仕向けている部分はないのか、は分からないです。

例えば移民がクリスチャンに入ったって、普通に生活がなりたつはなりたつ気もしないではありませんが、

その場合、人種差別が問題になるかもしれませんが、ネオナチは破門、されているのではないか。グローバル宗教なんだし。

バチカンの聖職者に有色人種がはいるかどうか、みたいなことでモメたことがあるような気はします。

 

 

あとやっぱり移民なんか外地ではいじめられても、

自分が悪いんではない、とは思っているはず、

それ自体は、心理的には健全だと思う。部外者なんだから虐げられて当然だが少しづつ状況を改善していこうという考え自体は。そういう人が孤立せず、ある程度まとまっているのは、反テロリズムで健全だと思います。

 

親分の顔を立てるのはヤクザですが、

政治家は永久ではないから、どうか。

独裁だってロクなことはないが、票田政治自体は発生しない。

 

★ただ、

最近の顔政治家のありかたってのは、

日本だって、そういう普通の国家なんだ、ってのは、全否定はしない派閥だから。