答えは常に風に吹かれている?


これなんちゃってクリスタルじゃないけど(訂正:なんとなくクリスタルでした)
後から見てズレているのは、当時とのズレを楽しめるならソレもありなんかな?
注釈が異様に充実している本は多い。

例えば花ネタの余りは
単体ではクドイ、
ああゆうの都心のサブカル気取りが広告批評的なカルチャーだったから、
田舎の風習を同じ文体で書いても
そもそも同じ文体かどうかは知らん。

人くし刺さないと、面白く書けないのがもう少し漫画、文学っぽいというか。
これは、あまりものな上に、そのままだが、
「40歳からの」の枠に入れてみるとベタにリアルである。
同調圧力がつよい日本ふうの「心理的に障壁ガー」とかではない、物資なのだ。というアプローチは。

 

こういう話しって、このくらい抽象度あげないと書けないんだけど、

露骨に言えないから、こうなるんで。

全体的に工夫がたりないか、工夫をする必要がそもそもないか。

 

 

 

 

 

私は情報交換派で、花を出すのは、どうにもならん場合だけです。

ママママーン、てか女性一般、

花、キライな人なら肉か酒なんだろうか?金か?

花束オヤジがキモイとか書いてあったキャバクラ嬢のサイト紛失したし、中身が古いです、読まなくてよし。

 

子供のころの誕生日プレゼント交換は、市街地へ行き、1000円くらいで相手の好きなモノを買ってあげていました。

誕生会とか七五三は嫌い。何でって言われても分からないけど、悪い習慣だと思う。

本人以外の違う人の為にあるイベントでダシにされたと思います。

すみません。

 

何か好きなもの買ってあげるよ、とデートの名目にして、あれがいいとか似合うとか似合わないとか、相手と交流を深めるのがモテメンじゃん。

趣味があまりに違うと無理ですが、だ・か・ら、情報交換派からはなかなか逃れられない霊長類ヒト科です。

 

せっかく資金があるのに有効活用できないへっぽこATMが、キャバクラの迷惑プレゼント・オジサンですか?

男も子供の頃から、プレゼント交換すれば、もしかしたら日本の文化力が上がりそうでない?って、すみませんでした。

blog.livedoor.jp

 

男が外交に向くのはこういうところ(他人は読めないという前提で、判断力を磨いていく)、

女子のプレゼント交換=ただの年末お歳暮って可能性はあります。

女子力、そこまで自信ないです、友達いないし。自省、自省、自己批判

 

>コレ、子供向けですか?OLもしてるんですか?

私は相手の好みでないと辛いんで、いつも花か金で、怠慢です。

matome.naver.jp

 

空疎なおもてなしより、相手のして欲しいことを察するのは大☆事。嫌なら、無理に相手の欲求を叶えないのは自由ですが、

やってあげてるつもりで逆効果は損害です。

 

 

 

>こういう商法は古くないか?

こういうのは新興国の素養の無い中流を巻き上げるのに使うんで、飽きたり財力落ちてくると沈没は早いです。

ninjaid2000.hatenablog.com

世界のどこへ行っても通用する、本当のニーズを掴んでみないか?

 

それはともかく、上記のよう、花、便利です。相手が何も欲しがってないケースでも、すぐに枯れてくれるし、始末がいいです。

要らないモノを貰っても始末に困るが、人から頂いたモノを換金するほどゲスではないコミュニティだと、そうです。

 

盆暮れの贈り物は、歳暮と絶対、乾物だから。

恵方巻とか、チョコレートは困るんです、て2回もかいてしまいました。

ギャフン。 

ninjaid2000.hatenadiary.com

私は何でも花で済ますガザツな性格なので、いいかげん花屋に貢ぎすぎなんですけど。 

 

花の量は、葬式まで行くと、邪魔でありがたみがないです。

参加者が全員で分けても、家じゅうが花だらけになります。

manetatsu.com

 

花屋は、葬式と高級スナックと開店祝いなどが、太客か。

花屋は、力仕事です、女性だけでは難しいと聞きました。

parterre.ciao.jp

 

家庭園芸とか、先進国の象徴でないか。

>普通にありました。

www.togenkyo.net

花言葉とか、シラネーヨ、面倒臭いものを作らないでください。

宝石も何か面倒な薀蓄がありますが、自分で言えば、お前はボキャ貧か?そうかそうか。

花言葉なんか知らないし調べる気もないんで、地雷踏みたくないから、勝手に作らないでくれないかな!?

 

花の好きなオヤジはつよいよ。てソレ、単に面食い?という可能性はありますが、審美眼と配慮、センスはあります。

察せられない3F(不潔、ファック、不穏、適当に作ったけどしっくりこないです)オッサンとは、違うんです。

 

 

 

たまには炎上しないかと首をひねってるブログですが、

鬼女(インターネッツをボス・トロールしている、暇な主婦=既婚者のネット・スラングです。鬼女っぽい人、未婚者も含む)は、地球上で最も理性がなく、怖い動物でグレイテスト・アライブ(現役最強)の噂です。

 

男で言ったらパイオツ、マンコーっていうタイプなんで、その双方がくっついて、人んところの花園を荒らさないでくれないかな!!!??????

 

たまに地価すら操作できますか。

答えは常に風に吹かれている?(ボブ・マーリーノーベル賞の援用)

www.english-turi.com

ホワイト地域=安全距離を取るのが上手い、とだいたい、似てます。

動植物には、適切な距離感が要るんで、

一日に100回水を上げたり(ストーカー)、全く手入れしなかったりしても、花は枯れます。

そういう人いますヨネー(ミツバチたちのささやき)。

 

水を上げなくても、野草は無限に増えるって噂ですが、いずれにしても、土壌が汚れていたり、花は生えないところには生えないんです。

クソ・ブラックには女子供が近寄らない(カモリ、詐欺以外は)