法曹界のみなさーん、面白くないネタが満載☆あんまり面白くないかもw~法曹は古いかもだし

★どちらかというとライフログかな?

無駄なことを書くと無駄な反応されるし、もうこの話、どうでもいいw

 

たまたまNHKのつくった殺菌社会が、移民社会そのものだろプギャアーwってのは当たってただけですね。

地の利などを全く生かしてないドアホ、なのは、教育でどんだけボラれているかで分かる。

全体的にM&Aとかでいう、ここ実力のわりに利益でてないよっていうパートを私が見つけただけですよ、多分。

 

 

★一連の事件を臓器の搾取を目論んだと、なぞらえたようにも見えんことはないが、まあ投稿する必要がないように感じる。

 

この話は、向かない人に向かないことばかりさせて、全員、赤字ですねってんで、なだけです。

私は精神医療とかイマイチ、要らなかったけど、復興資金は欲しいです。だから体力にせよ知能にせよ、偏差値で分けてネ、派です。

 

一定資格がゼロにリセットされたのは戦前で見た通り、ですが、最近、倒産した企業もそう、かどうかは知らないです。

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

大病院で何も知らされないまま、治験などの目にあった人は、いますが、今更どのこうのってアレでもないし、医者をタダで使っていたら、藪医者に当たるリスク自体はどこにでもあります。

 

藪医者 - Wikipedia

諺「をつついて蛇を出す」(余計なことをしてかえって事態を悪化させてしまう)

薮柑子」「薮茗荷」「薮連歌」など、似て非なる物に「薮」の字を冠するところからとする

野巫(やぶ)

 

無免許、ヤミ医者のことではないらしい。

国民保険の負の財源だった、ソレは中国が世界遺産登録したんで、彼はもう、政治犯から臓器を取って海外の要人に売ったりしませんよ、というPRです、か?

 

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

元々、誰も関与しないところで、臓器の闇取引は多いようです。

交通事故が起きて、余命がなさそうということになると、移植コーディネーターがすっとんできて、機械的にサインさせるので遺族がショックを受けるが、アメリカかどこかでした、以前。

途上国との闇取引で手に入らないなら、こっちのほうが正しく感じます。これもISP細胞とか、臓器自体は既に培養できる、らしくて、過去のテーマかもしれないです。

 

こっちは事故対応かもしれないが、アンビュランス・チェイサー的なアメリカの風物詩みたいに、かつて言われていました。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

Netlaw

弁護士アンビュランス・チェイサーの時代(司法改革と弁護士大増員)

  

 

アメリカは医療保険が民間保険で、ついでに社労士なんてのも民間保険になっているみたいです。

日本では法制度改革が予測されたんで、大量の法曹が要る、という、文脈は違うと思います。

 

産業構造の変化で古びてきたら、資格取得時の知識で、できる商売するしかないんで、

日本の90年代以降の流行的なものだったら、

サラ金の過払い→過労死、とか?

法律事務所・就職難易度ランキング

syuushokunanido.com

不良債権処理の時代、競売なんてのも流行っていましたが、素人でもできるみたいです。

大企業は法務を持ち、海外との取引の仲介は、外資がやっていたような気がします。

 

 

昔、精神科で、自分はケンカが好きだから、法律資格を取りたい、と言ったのを晒す、とか言われました。

 

それは止めたんですけど、法曹は、闘争心あるのが、普通なんですよ。

歴史的に法曹資格を取る人、半分くらいそうだと思いますけど、逆に違うんですか?

ホラービデオ見ている人と、犯罪率とか、相関関係があるんですか?

ハンナ・アーレント知ってますか?

 

 

 

民間保険だから、ビック3みたいな大企業はこういう組合が強くて、改革に乗り遅れた、みたいに巷では言われました。

だから、そこは日本と似ている、業界体質が似ているだけで、同じとは断定できないです、もちろん。向うは潰れてるんだし。

ただ業界体質が似ているだけ、というパタンが職業右翼には比較的、多いです。

職業左翼はただの、ソ連の残党ではないんだろうか。