「服を選ぶ」ということの困難性★まあ短くても良い内容かな?

 

 

 

あのね、私は生まれつき体が女で、
その能力を生かそうとしているのではなく、こういう装いでないと、無益にナメられるからやているにすぎないんだよ。

お前の了解は少しおかしい、

異性への抑圧と恐怖が自分でもないまぜになって、分かっていないんだろう。

 

こういう見た目と体をしていることを生かすかといわれたら、それはあんたがケースバーケースで個別に申し込んで来い、としかいない。

私の興味のある領域ではない。

ただ私はこういう装いをしないと、どうしても無益にナメられうるから、これ自体は辞められない。

 

だから、女として商売をするのか、という質問は意味がない。

私はドレスで出ることもあるし、ジャージで出ることもある、どっちもあるよ。

見た目のバランスが歪まないなら、どんな服装もする。

サラリーマンがスーツを脱げないのと同じだ。私は、ビジネスを、したい、出来る範囲の。

 

制服職業があるのは、当たり前だ。

学生は職業じゃあない。

逆に私は学生という職業です、というなら、そういう了解で学校へ入ればいい。

制服か私服かは、前々から学校のポリシーであった、とくに海外では。

こういう服装が、誰にこういう影響を与える、

自分にはこんなのが似合うとか、今はネットで分かるようになってる。

金がないなら、インフラがないなら、国内にあるものだけでも、中古品が安く手に入る。