築地と豊洲にアウフヘーベンされましたか?(コレもコネタなんで、まとまりが、イマイチ?w)

私は本当はこんなクソ・チンタラした駄文しかかけないんではないです。

本当の私はこんなんじゃないの!

ビジネス文書なのか、文学志向なのか、中途半端ということは、裏を返せば両方書けます、多分。

多めに見積もって、仕事の宣伝でした。

 

イケハヤがウケるのは、ビジネス志向を徹底してるからです。

文学とビジネスのリミックス文体だったら、Yもとは、専門知識仕入れてんで、真似できません。

イケハヤはYもとの逆なんで、現地情報を全く出さないの、典型的カラアゲ、チキン・タツタですが、煽りライターとしてのテクニックは最高峰です。

ただYもとのネタ元はハッキリしないです。どこから仕入れてんねんねん

 

ココは思い違いが多く、書き直しばかりして最悪なので、だれもブックマークしないブログです。

書き直し=小池がアウフヘーベンとかいったアレ。

menssmart.net

>本家にどうでもいい扱いされてました。

young-germany.jp

100歩譲って、哲学用語なんてどうでもいいっていう意味かと思ったら、テイクみたいな感じで、どうでもよくなくない?

 

誰も来ないんですよねー 

自分のエッジをビジネス化するとともに、

相手のビジネスも考えてあげる、という客層の分化、交通整理、

新種の追い払い方の考案者で、ドクター中松風にいったら、特許はけっこうあります、各種対処法。

ファシズム日本に有効なニーズ仕分け、欲望仕分け。

 

東京オリンピックにエクストリーム儀式、という種目を真面目に提案してますが(インド軍の曲芸みたいなの)、現代美術の部で出したいです。

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

 アウフヘーベンは、このチケットの件もあるんですけど、

ninjaid2000.hatenadiary.com

私のアウフヘーベンは、文章の目的についてでした。

アンタ、ビジネスなの、文学なの、ハッキリしなさいよ!?

って、分裂しているせいか、イマイチ人がこないさみしいブログです。

 

いつか日の出を見ると確信する能力は、1つの才能ですかー、「好きなことを追及して死ぬ自由はありまあす」をモットーに掲げていたんですが、

初期は死ぬ確率が高いのが起業なんで、哲学が安全100パーセントでは無理なんで、人が死ぬくらいのことは、放っておいてください。

 

サッチャーではないんですけど、墓場からゆりかごまで、逆でした、それはゾンビかキョンシーですが、

キョンシーが流行っていた頃に、韓国の航空機爆破事件があって、キム・キョンシーは、私(小4くらい)の考えた流行語です、絶対、誰も覚えてません。

 

ゆりかごから墓場まで、です。生まれてから死ぬまで、とか、他人のライフサイクルとか勝手に決めなくていいです。

ソレ、戦時経済体制だし、老後でもあると想定しないと生きていけない、

OR(もしくは)、

次の世代こそは夢がかなう、昔の考えです、

今は、霞でも食ってないと生きていけない、神経と体がペラペラになりそうなキッツイ仕事は機械が代替していって、本当は仕事ってラクになるはずです。

その分、仕事で金を回すのは難しい局面です。