「誤配」ではなく「誤解」だと、ただの安いメロドラマ!?★昔の閥、今のお友達

>昔の閥、今のお友達、ってテーマは要るか?

 

 それに有名人色紙入れると長すぎないか・ww

 

>有名人の飲食店は島田新助がやって、有名でした。

彼は飲食店絡みでヤーさんと揉めたか、逆に反社勢力とかかわって違法行為をしたおんか。

matome.naver.jp

news.livedoor.com

コロッケ (タレント) - Wikipedia

映画などに用いられているモーフィングを摸して自身の表情を次々に変化させ、複数の有名人のモノマネをすることができる(2008年9月16日放送の『森田一義アワー 笑っていいとも!』のテレフォンショッキングより[要高次出典])。これを使い、SMAPの「世界に一つだけの花」を口パク=エアボーカルしながら次々に表情を変える「ものまね33面相」を得意とする。最後には、同曲のメロディにのせて、高速で一気に33人連続で顔を変える。(46面相バージョンもあるが、こちらは少し違い、1つの歌を歌いながら次々に変えていくものではなく、その人の歌を少しずつ歌いながら、順番にモノマネしていくものだった。

 

 

引退した力士のちゃんこは、安易なビジネスです。

かつて、地元の一番いいところに大きな看板を置いていた(ニューヨークで言えばビルボードの場所)、若のチャンコはすぐになくなりました。

>コレ、そうなのかな?

r.gnavi.co.jp

ショボイ・バージョンだと、色ヤケのした有名人の色紙がおいてあるだけです。

oshiete.goo.ne.jp

紳助降ろしが、みかじめ料関連のゲバリだとしたら、チャイニーズ・マフィアっぽい世界になってきました。

暴力団ミニ講座その20

matome.naver.jp

 

 

 

>大したことは書いてないで、イラんちゃうん?

 

 

最近の子供はラインどころか、親のクレカ枠でメルカリ現金出品という噂もあり、だけど、現金出品を理由に金融庁か何かが規制したいから、どうのって。 

ninjaid2000.hatenadiary.com

総量規制に引っ掛かりますか?とか書いてあって、懐かしい単語、ってわけでもないらしいです。

総量規制 - Wikipedia

大蔵省銀行局通達「土地関連融資の抑制について」のうちの、不動産向け融資の伸び率を総貸出の伸び率以下に抑えることをいう。行き過ぎた不動産価格の高騰を沈静化させることを目的とする政策であったが、予想をはるかに超えた急激な景気後退の打撃(いわゆるバブル崩壊)を日本経済にもたらし、さらにはその後の「失われた20年」を日本に招来する要因の一つとなったことから、結果的にこの政策は失敗に終わる。

 

>「メルカリ 官製」の検索結果です(つまり違うってことか?)。

シャネルの切手/官製はがき通販 | メルカリのCHANEL - Mercari

https://www.mercari.com/jp/brand/658/939/

 

近所のコンビニのATMか何かで、子供がクレカで現金を下ろすのに群がっているところは、見たことがありません。

クレカで現金を下ろす子供軍団は、俺俺詐欺をウォッチしている銀行とか行ったら、通報されそうでない?

 

下記、文字のやり取りが、P2Pになった、郵政はインターネッツでは!?という感じの本ですか?

 

Amazon CAPTCHA

 

その後、宗派対立や国家・領邦間対立の中で紆余曲折を経つつも、郵便事業は検閲や旅行業と結びつき、定期化し、新聞を生み出しながら、多様な主体により多様な形で発展してゆく。郵便収入や情報の管理を狙って、絶対主義国家も郵便の国営化を模索した。18世紀の「手紙の世紀」には、郵便契約を通じてヨーロッパ各国の郵便網は連結され、郵便の速度は向上し、中間層以下の民衆も徐々に郵便を利用し始める。19世紀には検閲が廃止され、国庫金重視の原理は否定され、郵便切手や葉書が登場し、万国郵便連合が成立し、近代郵便が完成した。

 


現代において、手紙とはプライベートでクローズドなものを指すが、当時の手紙とは「宛先に届くには届いたが、途中で開かれて、複数の人々に読まれるということが大旨常態であった」とのことである。その意味で手紙とはジャーナリズムであり、そののちに新聞というメディアを生み出していくことになったそうである。

 

メディア史における大革命と言えば、十五世紀に起きたグーテンベルグの活版印刷を指すことに異論はないだろう。しかし、印刷の本質とは情報の蓄積というところにあり、大量に蓄積されるだけでは価値を生み出さない。情報は、伝達されて初めて情報になるのである。


史実によれば、郵便網というメディアはその後、時間・空間と言う概念に決定的な影響を与え、ヨーロッパ文化の近代化を根本から促進させることとなる。

 

フランク王国は騎馬飛脚をかかえていたが、その後、王国は分裂し、騎馬飛脚も姿を消す。この結果、教会組織が唯一の全国組織となり、政治・経済への影響力を行使するようになる。

 

 

>徳川は停滞志向で、鉄砲と騎兵は廃止してました、多分。

参勤交代で地方大名の金削りなど、

もしかしてイエズス会との密約なんでない?くらいに思います。

騎兵 - Wikipedia

 

 

貯金と郵便が一体化しているのは、普通なんですか?

国営で安心できて、コンビニっぽく使いやすいからですか?

vdata.nikkei.com

jp.reuters.com

と思っていたが、情報網を握っているから、金融で儲かる、というのは基本です。

融資だったら相手企業や個人を調べるんですけど。 

かつて、ユダヤ金融が連絡を取り合って欧州の戦争の行方を予測し、

大蔵省をMOF担が接待して、情報を仕入れていたのも、全部そうですか?

 

コレは自分用のメモなんで気にしないでっていうか、連絡してないんで、気が付いてないと思います。

マスメディアの歴史

>こういうショーで公共性が担保されて、下らん規則が要らなくなったんですね(見せしめ処刑とか、カースト制度など)。


夫婦や家族などのように、顔見知った関係であれば直接的な人間関係、つまり「話す」「表情を見る」といったコミュニケーションですむ。しかし、国家や世界のように人間関係が直接性を失ったとき、社会を維持する人間関係を結ぶべく物質媒体が現れる。これがマスメディアと言える。

 

コレ、かなり間違ってると思います、すみません。

>太古から、やっていることです。原始部族ほど、派手な飾りや身体改造して見栄を張ります。

ところが映像では、画面を見た瞬間にすべて分かるのである。一瞬で伝えられる情報量が限りなく増えたのである。したがって情報を受け取る側も、ひとつの情報で様々な解釈が可能になった。プロ野球の中継を見るとき、一人の選手を見る人もいる。

 

 

 

>テレビは予測できたら、存在価値が無いです。

ニュース速報の価値がないし、天気予報も意味がないし、ドラマの脚本はゴミ化します (定番ドラマなど例外はあるけど)。

「先見性を持って」ひとつの番組を「我慢して」見つづけることは効率の良い情報処理において不必要なものである。

 

私たちは、予測可能性(科学、言語、人付き合いの大まかな法則)は教育で学んでいます。

下の世代にとっての、テレビは、芸やふるまいを盗むもので、オッサンのビールみたいに、享楽的に見るものでは、ありません。

 

>インターネットではコンテンツが無料化し(従来型に似た広告などはあるが)、

著作権が売買されるってことか、文意が取れません。

具体的には「著作権」や「コンテンツ」そのものを従来の製品と同様に取り扱う時代である。これこそが真のIT革命だと思う。アニメーションやゲームなどの版権がまるで商品であるかのように売り買いされる時代。イメージそのものが売り買いされる時代。それこそがIT革命の本質ではないかと思う。

 

 

小泉もそうですが、Fランでは有力者の友達いないいなーい、ではあると思う、ソレを霞ヶ関が戴いたりしているのが、逆にすごいんですよ。

いろんな意味で教育施設の意味を問い直していると思う。

坊ちゃん大学で、洋行帰りで受験勉強しなかった人、とかはいるらしいです、アメリカの弁護士か何かで。

 

 

>藩閥(いんぼうせつ論者のいう長州閥)の粛清が、1940年体制ではないんですか?

藩閥 - Wikipedia

 私は長州閥とか

わかんなーい(昔の地域ゴロ化は、電話がないから仕方がない) 、ソコに群がったもの勝ちのお友達内閣化しているという批判ありますけど。篭池は切られて、家計は切らないんなら、穏当でないの?

支持率下がってデットクロスしたらしいですが、

産業政策を公衆の討議へ晒したところが偉いんで、功労賞でないですか?