読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なれないものになろうとしたことくらいはありますよ。

 

 

 

 

 

教育に口出ししてる人の中で、

 

 

1、成功者の教育論

2、失敗者の教育論

があります。

カルト化しやすいのは2ですが (失敗した人や、スペック低い人が釣れてしまう為)

 

「どうして要らないと思ったか」という因果がハッキリした人が、あまりいないんで、反省リストに入れて下さい。

 

 

 

なれないものになろうとしたことくらいはありますよ。

ゴミ商材を踏むのもいい経験であり、

回収のスパンが長いだけである。

クズ商材を踏む、クズ会社を踏むことくらいは誰でもある。 

みなさんも、ゴミ商材を仕分けしてみて下さい。

 

全く伸びないジャンルに投資させられた原因

1、身障に生まれ、同性の親がハイスペ・モデルしかなかったこと。

1、スペックの似ている=人生戦略の重なり得る父がコミュ障であったこと。

1、公立のスポーツ・スペック信仰

1、公立の偏差値教育

1、たまたま経済学が流行っていたし、滑り止めで、経済学自体、半分くらい藻屑と消えそうな気配(経済学は、海外でも死んでる率は高そう)

 

 

スポーツで伸びないのに入っちゃったのが邪魔の原因だから、それは互いに不幸。

 

 

>お前の人生、誤爆多いですね(わら)みたいな煽り商材なん?

(これはどこ?)

当方も、誤爆の数にかけては人後に落ちません。

ただ、ソレがどういう方向の誤爆で、どういう方向に戦績を上げたいかで、異なります。

 

平均的女子が身に着けているべき金銭感覚とカン、または無い奴の賭博行為なども入ってるし。

文学とかテレビは、そういうやりかたはされてこなかったけど、ネット時代だし。