読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二番手戦略とかのメモ

ドイツで、インダストリー4.0というのがありました。

ドイツが週34時間労働で、経済大国が可能な理由は根本的に何か、

EU域内の他の地域が大して働かないから、相対的に儲かるとか。

第二次世界大戦敗戦国で、海外にこれ以上オイタをせず、先端研究に大枚はたかない、ニッチや二番手戦略か(注1)。 

toyokeizai.net

 

投資と費用回収に失敗した大型計画のマトメってあるんだろうか。

日本は大航海計画とかもんじゅとか多いけど、海外のマトモなところです。

 

レーガンスターウォーズ計画だったら、GPSとかで売ってるので、成り立ってると思います。

ただ表に出ないので失敗したのは、多いと思います。

戦闘機のFシリーズは、表に出てくるニュースを見ると、少し行き詰ってるような感じがします。

一機が100億とか1億とかで、

あそこから民間転用して生かせそうな技術とかありますか(注1)。

 

 

昔だと核とか宇宙技術とか、相手がまず手を出せない、圧倒的優位を握るのは大事ですが、そういう意味でも、日本やドイツはそういうところに手を出しないように、パッと見は、見えます。

かつて核技術者は、ナチス・ドイツからアメリカへ亡命したことになっていますが、

その核技術がソ連にどこから漏れたかは、知らんです。

 

 

少子化対策をしたいなら、子供の時間泥棒がハードルになってるんでないですか?と言っただけで、国賊とか変なイチャモンなどが来て面倒臭いんですが。

 

ninjaid2000.hatenablog.com

 

それで、ホワイト・ハコ・ビジネスなどを提案してはみたものの。

ninjaid2000.hatenablog.com

彼らに、何かしら納得できるモデルがあればいいってことで、上の記事が現実的かどうか、全く知らんです。

www.zakkiblog.net

  

たしかに中央集権的だから、彼らは失業しなくてすみますが、成功率を上げるのに技術屋とか呼んでみてはどうか。

 

先端研究はキツイです。無理して先端研究に噛む必要がないから、そもそも噛めてないし。

ninjaid2000.hatenablog.com

ninjaid2000.hatenablog.com

  中国は自前もありますが、盗みもやってます。

日本のノーベル賞受賞者の全員が、アメリカの大学で研究してます。

 

論文数は多いようですが、その論文は英語で、世界の研究者が全員で使い回します。

結果的に海外の手柄で、右翼の言うような意味で、国益につなげてるかどうかは、分からんです。一種のボランティアでしょう。国際貢献です。

解説 論文成果に見る我が国の状況:文部科学省

togetter.com

>サムソンは産学連携ということか。

工学は、基礎研究ではないと思いますが。

blogos.com

 

 

あとは海外のエリート誘致してカネ落としてもらうしかないでね?とか書いてたら、

ゲバってて。

この二番手戦略みたいのでいうと、戦後モデルは再現可能ということか。

 

インダストリー4.0が曖昧過ぎて、このインフラの是非自体は全く知らんのですけど。

ドイツはアホではないので、から揚げで消えるってことはないんだろう。

 

ただ、ほかの国がやらない理由は知らないです。

どうしてドイツだけなのか。

その特殊性は何か、金がかかるから?

ドイツの労働時間が短いのは聞くけど、技術の比較は聞いたことが無いです。

 

EU貿易県内での金利とか、それでドイツに金があつまる構造になってて

どっちの金がどれだけ続くかも知らんです

EUはドイツに産業部門を担当してもらって、ラクという地域もあるんだろうか。

ドイツのビジネスマン家庭が、バカンスで南欧行ったりします。

南欧とか、失業者多いらしいけど、出稼ぎとかどのくらいしてるのかな?

 

 

中国はトップを張合うつもりか、まず分からんです。

中国人初のノーベル賞は、反体制運動で、平和憲章を作った人です。

中国人・華人のノーベル賞受賞者 - Wikipedia

 

 

日本でできるなら中国にもできるが、土地はひろいけど、人口密度でいったら

ドイツとか日本のほうが密集してるから、やるなら都市なんかな。

中国の都市はすでにやってるんだろう。

中国の金ってどういう布陣だかしらんけど、中流が何割とか。

 

中国がどのくらい独自で外資ってのもしらんだし。

先端研究にしのぎをけずり、アホをかもるみたいなモデルが、

欧米人自身で、あんまり気に入らない人もいるってことだ。

また、ほかのタイプの実験もやってみたい。

 

>日本と中国の産業を意識する場合、

1、華人資本を使うか。

1、中国人労働者を借りるか(工場やコールセンターが、現地へ進出するか)

1、中国市場で売るか

1、産業分野でかぶるか

 など複数あるし。

 

いくらでも働く人が中国に大量にいるのは事実で、独裁なので、どんな使い捨てをしても、いちいち文句言わせないのも事実だが、

そういうことをいうなら、ハイスペ信仰をゆるし、老人を切るしかないです。

 

>↑と、だいたいかぶるでない?(得意ジャンルじゃないから難しいは。

なんかデータがでてくることを期待アゲっていうのか?

 

自分のところのインフラを敷いたり、技術のストックは蓄積です

その運営効率があがっていれば、人々の暮らしはラクになります。

 

>コレって「中国は日本をすごく憎んでいるではない」ってのはどこに入れたんだっけ?

中国は安全保障で最貧国化を狙ってるので、限定的にしか関わり合いになりたくないです。

大国が戦略変えてくれたらいいんですけど、韓国と同じで、回廊国家なんで仕方ないです。いつも周辺国に振り回されます。

ただ国家戦略にかかわるとろで、国内をどういう運営をするかまでは、口は挟まないです。

 

>これは分からないところを埋めるのに、時間がかかりそうじゃない?

ブリックスという単語を、リーマンショック以降きかないですが、ちきう規模の投資や人材交流が減っているのか。

 

金融派遣は、世界から研究費用を集めたり、っていうんだけど、

ただ先端研究の結果が、アメリカに落ちているかどうかも、不明だが。

 

インターネットとパソコンは唐突だったし、

スターウォーズ計画からGPSが出るとは

だれも予測していなかったというか、秘密だったか。

 

歴史に乗りそうな分かりやすいのはともかく、基礎研究レベルのはどう生きてるのかよくわからん。マイナーチェンジで儲かった製薬とか。

昔、バイオ株がどうのとかいったのは、どうなったのか。

 

>2000年頃の

 

(資金源:金融工学など)

>最近の

ビックデータ

ItoO

だっけ前忘れた。

遺伝子工学(OKかどうか不明 

 AI

 

 

(注2)

軍事技術としては失敗らしいですが、もう戦闘機の性質をあげる必要は必ずしもないです。

www.gizmodo.jp

 

だって、どこもアメリカに追随してないから。

ロッキードエアバス単体で勝ってるとかってことはないでしょう。

パクラー中国辺りは、知らんですけど、日本はパクリで欧米を抜けませんでした。

ナチス・ドイツの技術者はアメリカが引き抜きました。

911以降にアメリカが掲げたのは、テロ戦争ですが、彼ら(アルカイダやイスラミック・ステイト)はブラックマーケットで買った北朝鮮の兵器とか、改造した爆弾を持ってるくらいです。

スターウォーズ計画にには、対ソの名目があったが、今は不明です。

 

私は戦争と経済の関連が分からないので(分かる人がいたら、教えて下さい)、

世界が1930年代の大恐慌を乗り越えたのは、ケインズ政策、ということになってますが、間に第二次世界大戦が挟まり、ケインズ政策が成功していたからナチスが拡大に走って戦争になったのか、ケインズ政策が失敗したから戦争になったのか、分かりません。人の本能は食欲の次が安全なんで、人々が安全保障にドル箱をはたく傾向はあります。

 

 

(注1)

ドイツは戦前は多くの科学者がいて、先端研究のメッカだったかもしれないが、ナチスから亡命して、あらかたアメリカに取られたと思います。

 

ドイツと日本が、どうして違うかは、効率、ということになっていて、ドイツの方が労働時間は短いし、(人口絶対論者には大声で)人口でも日本の方が多いです。

周辺にガツガツ働きそうな勢力がいないんで、週34時間でも働いている部類に入るくらいです。EUで金利差で金が集まってきたり。金があること自体は、日本だって金は余ってます。

ドイツと日本の、総合資産(カネ、投資資金の量)がどっちが多いかは、比較を見たことが無いので、知らないです。海外投資もあるし、大した意味はないですけど。

 

ドイツの有名どころでパっと思いつく、車や製薬は、別に圧倒的優位は握らないので、これといって危険視はされません。

化学、生物兵器、とかいった場合にどうか、知らんですけど。

ただそういうニッチでも、単純に競争激化して、製薬業界も、吸収合併のニュースは多いです。

医療保険は、製薬会社の営業先、という意味での存続論はありそうで、

アメリカもオバマケアなどを巡り、 そういうことでロビー活動してモメていました。

製薬は、もうマシンが勝手にやってる噂が多いですが。

 

 

 (注3)

自前と言えば文系ですが、せっかく世界ランキングで東大を抜いても、中国は独裁です。

リベラル・アートとかいっても、中国はリベラルではないんで、孔子学園とか作っていますが、どういう生徒が通ってくるかは、知らないです。首相の名前をパクった神道小学校と似た感じかもしれまえん。

中国ビジネスがウマいと考えた人が入れるのかもしれません。

白人の血縁信仰なら、クリスチャン・カルトの方だから、黒人だろうか。

黒人もクリスチャンが多いと思いますが。

 

www.excite.co.jp