読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働文化は好かれてるのか嫌われてるのかと、産業構造の変化とか。

 

孫正義がトランプに手を貸したのは、直接雇用なのか、何なのか、分からんです。

 

ninjaid2000.hatenadiary.com

例えば、アップルのライン工をしている工員は、元受がアップルという情報は持ってます。

なら、下請け(自分たちの雇用主体)がフォンハイだということは知っているのか。

酷使の実態がひどかったら、悪評が出て、どうなるか。

中国だったら、その口封じを政府が請け負って(もともと言論の自由が無い)、日本はそうなる可能性が高いし、元々そうという噂はあります。

 

トランプの支持者は、いいたいことは言う勢力なので、トランプが労働者をどう扱うか気になりますが、

ただ組合長のトランプは、その原資を貿易協定とかでぶんどってくるんで、

アジアとは、金がある家と、金がない家くらいの違いはあります。

その労働現場に孫正義が噛むのか、ただ金を出すだけなのか。

 

孫正義が金を出して、トランプがやってるという顔をするなら、あとは配当が貰える可能性だけです。

 

例えば昔のトヨタだったら、インドで工員教育をしたり(イスラム民にとっての日本企業は、かなりマシ)、団地を作っていました。

トヨタとスズキのインド本を読んだことがあり、

どちらも嫌われていないイメージでした。

そこでは、モノを壊してはいけない、みたいなレベルから教えるので、一種の意教育です。

 

今どうなってるかは、後で調べます。

ナノとか後続が出てきて難しいでは?

 

海外進出した日本企業に、中国では反日デモとかあり、

 

アメリカ市場では、三菱のセクハラ訴訟(労働者サイド)やリコール騒ぎ(コレは消費者サイド)、になりました。リコールは、単純に事故だろうけど。

 

日本型経営とか言われていた頃の、ジャスト・イン・タイムとか、もうITやマシンに負けたと思いますが、当時は脅威だったのか、バッシングでした。

ドイツの工場だと、インダストリー4.0とか言ってます。人件費が高いので、自動化で利益を上げます。

 

北欧だったらセーフティネットを政府が用意して、企業は経営に集中するみたいな感じでした。

戦後の日本の、社会福祉を会社が負担する制度は、無理ってことになりました。

 

 

 

フォンハイは台湾の看板を背負って、

中国企業よりマシという顔で経営をするかもしれない。知らんですが、

外資だから搾取をするという、決めつけは分からないです。

逆に外資の方が、バッシングにはあいやすいです。

自国民には、地縁血縁を利用した脅しが効くので、国粋主義は胡散臭いです。

ただグローバル時代には、グローバル口封じってのがあって、分からんです。

 

中国の属国だと認めたが最後、日本人は何をされても文句は言えないです。

日本でも口封じはありましたが、ソレに串がささって、さらに分かりにくい状態で、普通に植民地ですか。

 

労働環境は悪化はしていて、それは過当競争や研究の収穫逓減のせいで、答えは終身雇用ではないです。

 

コンビニとか今の24時間経営みたいのを持って行ったら殺されますが(従業員ごともっていって、全員日本人で構成するしかない。アフリカで中国がやってるみたいに)、

ディズニーだと(和民の夢手帳の上級版で、アニメーターのクリエイティブ土方みたいな感じ)、フランスで騒ぎがあったそうです。

 

イメージ上はクリーンだが、アレというやつです。

ソフトバンクが労働者や消費者どう扱ったか。

ソフトバンクのケータイの契約はカモとか噂が多いですが、インターネットの光回線を敷いたヤフーBBは感謝されてました。

ただ粗悪品だったか何かしらないが、

そのあと各社が乱入して、勧誘攻撃にはまいりました。

素人に、わけわからん話をして、何度も回線を変えさせるなど、悪質でした。

 

 

経団連は日本人に好かれてないです。

企業福祉をたんまり貰ったオッサン連中は好きかもしれないが、今の若い人に嫌われてるのを分かってて、老人寄りとか。

心情的にも24時間働ける体力の持ち主が這い上がってあの地位にいるので、苦労教団になって、私の言いたいのは、初めから体力ある人しか出産するなってことです。

体力は生まれつきだし、発達障害は対処の工夫はできますが、ソレ自体は直らないです。

ラグビーで勝てる人とか、ほとんど生まれた瞬間に決まってます。

 

そういう意味では、某が7人とか子供を作って頂いたのはありがたい事です。

ただ、彼らを何に使うかですけど。

 

戦争だと一応徴兵検査がありますが、

兵隊は鉄砲持ってるので、武器ナシのスポーツほど精密に身体能力は関係しないが、

行軍とかあるし、最低限の体力は必要です。