読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーグルやアマゾンについて1本になるんかな?

 

日本のホワイト知識人は大人し過ぎるし、

私はカッペ役人の黒い腹の内ばかり聞かされ、

未来と自由がヤヴァく感じます。

 

大組織が倒れるまで全く情報が出ないんで、圧力団体です。

憶測を飛ばし、訂正情報を出して貰おうっていう。

 

>インテリは、どうしてダンマリか? 

1、状況把握できないから(専門能力しかない)。

1、口止めをされていて、言えない。

1、海外に引き抜かれた。

 

状況をマシにする企業を、やろうと思っても育成が間に合わないか、人材がいないか。

集団マフィアに邪魔されてるか。

 

>駄目らしいのんで、やはり企業主体そのものを、外人に頼むしかないです。 

toyokeizai.net

ディズニーランドやカジノと同じです。どちらもトリクルダウン狙いですが、ディズニーランドは高すぎる飲食などでボリ、落ちる金は、電車賃くらいです。ディズニーのホテルに泊まれない客用の、安いホテルはあるかもしれないけど。タックス・ヘイブンやドバイは、エリートを呼んで彼らの落とす金でトリクルダウンです。ついでに良いインフラ作って貰えるなら良いです。

 

ninjaid2000.hatenadiary.com

>かつハイスペック日本人を育てる気が無いなら、他にない。

ninjaid2000.hatenablog.com

ninjaid2000.hatenablog.com

 

グーグルとアマゾンが外資なのは、今更です。

それまで追い出したら、本当に自殺するし、江戸とか人身売買とか、そういうことを言う勢力がいる限り、

子供を作るとか、まず考えられないです。海外へ逃げられる人か、原始世界で生きれる人しか無理です 

ninjaid2000.hatenablog.com

 

ヤバいカルトはチラホラいますが、頭が悪い人なんで仕方ないと思います。

日本を、読書民と読書しない民に分けると、どっちが多いかは知らないです。

偏差値ランキングとか、本を読まないと成功できないみたいな煽りは、自滅です。

ninjaid2000.hatenablog.com

ninjaid2000.hatenadiary.com

生まれつき無理なことは、無理ですから。

この危機的状況で殺し合いをしてはいけない、棲み分けて自由と生活水準を維持しなと。

 

現時点で、グーグルやアマゾンを無くせとは言わないと思うんですけど。

そうなったら、土人世界です。

日本は、老眼と土人だけで構成するしかないです。

活字中毒の人なんて、マトモな情報がないと、生きがいがなくなり、本当にすぐ死んでしまいます。

中国のインテリなんか、必死で海外に逃げたり、ソレでユナイテット航空でぶちのめされたり、散々です。

日本は国として死刑宣告をされているから、ヨソの領土をどうのこうのしようという野心がないし、高スペック難民のたまり場として、安全でいいと思うんですけど。

 

 

>IT業界の実情?

まず金がない=人材来ない。

金はある=あってもマイナンバーみたいなクソになるのは、どうしてか。

そういう制度の是非でゲバったからか。

アメリカのソーシャル・セキュリティ・ナンバーなどと比べてどうか。

IT企業の4分の1くらいは外資

 

>業界事情を全く知らん奴の印象論です。 

ninjaid2000.hatenadiary.com

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

グーグルは次から次へ先端企業を買収するので(東大のロボット・ベンチャーみたいのも買収されたみたいです)、

robotstart.info

グーグルを広告料でかなり収益が上がるようです。 

貧欲にあらゆる手段をつかって市場を奪っていく感じではない。

あれは保険で、侵略スタイルではないと思うし、

余ったお金は有効活用しないと、誰かに取られておしまいです。

たまたま能力が突出すれば、侵略と普通にしてることは区別がつかないですが。

 

アマゾンやグーグルは、悪意を持って運営されてる組織ではないと思う。

一度裏で何か悪いことをすると、腐敗が止まらず、それで中国とモメて席を蹴ったのが昔のグーグルです(検閲を許す、許さないでモメた)。

 

アマゾンはヤマト運輸のクレームで翌日配達をやめても、良いと思います。

競合が無いから(昔はBK1とかあったけど)

町の本屋に注文してくるのより、早いです。

アマゾンで感想を見て、他で買うはあり得るけど、データベース自体は溜まります。

 

ヤマト運輸のクレーム自体が、速さで競うのは無理という証明なんで、競合はいないと思います。ジェット宅配とか、何か新しいモノを作らない限り、どこでもドアとか。

 

 

グーグルは既に独占し、他者と削り合う必要がない規模です。

もともと書店という形態は、他人と話しあう場所ではないんで、ツタヤ図書館に、憩のスペースを置くようなやりかたしかないんでしょう(少なくとも小さな書店は要らない)、

ビレッジ・バンガードとかそうかな?ソファとかあったり。

小規模書店の送料が無いのと、アマゾンの規模と比べたら、規模の勝ちじゃない。

出版界自体、値引きを許すかどうかでモメてますが、ブックオフに欲しい本がある確率は少ないです。定期的にかよってると、昔のベストセラーは見つかります。

 

最も節約するなら、アマゾンで感想を見て書店で注文し、届くのが遅くていい、くらいか。

ただ在庫自体、どっちが多いのか。

 

Amazonの本の補充はなぜ遅いのかiidabashiueno.wordpress.com