読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい人が死ねず、生きたい人が生きれない日本(仮)。

これは重複感あるからいらんだけど。

アンチ独裁政府に、

自己決定権は欲しい。

少し手なおしして投稿するか?

今すぐは無理だし、ネタ塩漬けってことで。

 

 

 

 

 

大げさなタイトルを付けてしまいました(困惑)。

が、封建制度(年功序列)と共産主義(日教組の努力信仰)の癒着に胡坐をかき、

人々の気持ちを掴むのがものすごく下手な日本政府。

 

 

例えば、世代間移転式の年金とか、完全にトラップです。

生きるか死ぬかは本人が決めるべきです。

この自己決定権を認めない日本政府は悪魔です。

 

老人サイドは、不自由な体で生きるのは苦痛だし面倒くさいし、人に面倒掛けるのが心労になるから死にたいと思っていることがほとんどです。

そういう「人の良心の悪利用」が、未来の子供にのしかかり、完全に駄サイクル化しています。

欧州とか見習えって言うのは、この辺だと思います。

 

もし老人が本音を漏らし、死にたい、と言ったらどうなるか。

子供の方は、困惑し、私を殺人鬼にするつもりなの、としか言えないでしょう。 

こんな不幸なサイクルは、なかなか見当たりません。

こういう偽りの家族愛の概念が、家庭をどんどん空洞化させ、その結果が非婚率の上昇につながっています。

これは逆に社会保障の不十分な中国などの途上国では見られない現象です。

医療も十分にないし、面倒見きれなければ、自然死するからです。

 

 

老人ホームをなくしても、家で放置していたら、警察が弱者遺棄とかで逮捕してくるから、それを撤廃しないと無理です。だから、介護保険のあるなし、ではありません。生きるか死ぬかを老人本人が決めているかどうか、です。保守の人は、親子を嫌がらせのしあい為に存在すると勘違いしているフリがあります。

 

子供を生みたくない人に無理やり生ませようとするストーカーも、日本政府の、こうした頭の悪さ、EQの低さが露呈したものです。いい加減にしてほしいです。

お前の駄政策で、日本の家族のイメージを、これ以上悪くしないでください。

 

もちろん、この駄サイクルに嵌らない、一部の裕福な家庭は大丈夫ですが、政策は、裕福な家庭を標準に考えてはいけないです。

 

ninjaid2000.hatenablog.com

 

 

もちろん、面倒を見るサイドの事情ってものもあります。

いろいろ勉強になるし、心が休まるので、お側にいて面倒を見たい人。

目障りなので死んでほしい人。

この選別で自分を否定されたくないのが、共産主義と封建体制を支持する人の総体です。だが、お前邪魔だ。死んでくれ。